Views: 78
0 0

この世で一番美しいジュエリーといえば、ダイヤモンドという人たちは、多くいらっしゃることでしょう。ダイヤモンドは、美しいジュエリーです。なんで、ダイヤモンドが美しいのかといえば、希少性を持っているからかもしれません。

ダイヤモンドの美しさとは……

また、ダイヤモンドは、天然石の中でもっとも硬いから美しいのかもしれません。

いえ、ダイヤモンドが美しいのは、光の屈折率に優れているからです。

カッティングによるシャープな表面で光を反射させ、 石の中に到達した光も内側で全反射、そんなジュエリーは他に存在しているでしょうか……。

やっぱり、ダイヤモンドはジュエリーの中でNo.1と言っていいのではないでしょうか。

また、ダイヤモンドが美しいのは、 光を7色の虹色に分解する分散率の高さゆえです。

角度によって、色合いが変わるからダイヤモンドが美しいのです。

ダイヤモンドは、永遠の輝きを放っているから、美しいのです。

発掘や加工に費用がかかるから美しい?

そして、ダイヤモンドが美しいのは、 硬さゆえに発掘や加工に費用がかかってしまい、なかなか欲しいという人たちに全部ダイヤモンドを行き渡せることができないから美しいのです。

つまりそれが希少性です。

ジュエリーには、希少性はとても大事な要素です。

ダイヤモンドは本当に美しいジュエリーなのか……

実際に、ダイヤモンドというジュエリーは、見た目が美しいということができます。ただし、そのようなものって、この世の中には一杯あるのではないでしょうか。

何もダイヤモンドだけが美しいのではないと思いますが。

なんで、ダイヤモンドが美しいと人たちは言うのかと言えば、やっぱり希少性によるものが大きいのだと思います。

そのキラキラ輝くダイヤモンドが欲しいと思っても、なかなか手に入れることができないから、この上なく美しいという幻想を多くの人たちが抱いてしまうのではないでしょうか。

なかなか購入することができないから欲しいと思ってしまうのです。

ダイヤモンドは、人間の欲求をくすぐっているのかもしれません。

更に、ダイヤモンドが美しくあり続けているのは、ダイヤモンドをブランディングしている側にコントロールされてしまっているからとも言われています。

ダイヤモンドは、価値が高いジュエリーということをただひたすら業者が操作しているとも言われています。

そのような話しを聞けば、ダイヤモンドが美しいのは本当……?という疑いの気持ちにもなってしまうのではないでしょうか。

ただ、私自身が美しいと思えばそれでいいじゃないか……というものの、美とはそういうものでもないのです。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %