Views: 63
0 0

アンティークジュエリーって、何が現代社会
のジュエリーと違うのかわからない……という人たちも多くいらっしゃることでしょう。

アンティークジュエリーというものの、いろいろな意味あいを含んでいることもあり、アンティークジュエリーのことがよくわからないという人たちもいます。

現代社会のジュエリーとアンティークジュエリーの違い

現代社会におけるジュエリーと、アンティークジュエリーが違うのか……。

現代社会のジュエリーより、アンティークジュエリーの方が、すっきりしたフォルムのものが多くあります。なんで、すっきりしたフォルムをアンティークジュエリーで実現出来ているのかといえば、基本的技術を身につけた職人が手間をかけて一つ一つこつこつ丁寧に作っているからです。

ジュエリーブランドもとても魅力的なジュエリーですが、やっぱり、現代社会においてジュエリーとは、儲けを出すため、できるだけスピーディーに作るというシステムを重視しているのだと思います。

現代社会において、コツコツと作る職人芸というものはどんどん失われていくばかりです。

つまり、それが、現代社会においてジュエリーと、アンティークジュエリーの違いと言っていいのかもしれません。

また、アンティークジュエリーには、すっきりしたフォルムではないものもあります。18世紀以前の古い年代の物の中には、特にそのようなアンティークジュエリーが多くあります。しかし、それでも、基本的な技術を身につけた職人が手間をかけて一つ一つ丁寧に作っているという職人スピリットは、絶対に欠けている訳ではありません。 

現代社会ではアンティークジュエリーを作ることができない

現代社会において作られたジュエリーが、時代を経過して、アンティークジュエリーになる……という理解の仕方をしている人たちもいらっしゃるようですが、アンティークジュエリーとはそのようなものでもないと思います。

つまり、アンティークジュエリーは、職人スピリットがあり、職人がジュエリーに対しての向き合い方が全然違うからです。

その職人は、コツコツと素晴らしいアンティークジュエリーを作り、全然お金を儲けている訳ではないかもしれません。

そして、アンティークジュエリーを身につける人たちのことをイメージしながら作っているということもないかもしれません。

アンティークジュエリーは、身につける人たちのことまで考えてコツコツというイメージを持つかもしれませんが、そうではないのかもしれません。

アンティークジュエリーの職人たちは、アンティークジュエリーを作ること自体が、職人たちの日常生活の大半なのです。起伏もあり、何も考えず事務的にジュエリーを作ったということもあるでしょう。しかし、そこには既に日常生活の大半かけた実績・ノウハウというものも存在しています。職人スピリットとはそういうことなのではないでしょうか。
あなたがそれをしようと思ってもなかなか出来ない時間を既に職人たちは消費しているのです。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %