Views: 115
0 0

いま、ブランドジュエリーに関心を持っている人たちもいらっしゃることでしょう。そして、アンティークジュエリーに関心を持っている人たちもいます。

もしも買取してもらうときブランドジュエリーと、アンティークジュエリーどっちのコレクターが有利なのでしょうか。

ブランドジュエリーの市場

ノーブランドのダイヤモンドジュエリーを買取してもらうときには、おおかた日本では、ダイヤモンド部分の価値のみを鑑定することになります。

そして、買取してもらったダイヤモンドは、インドなどで研磨をし直しが行われて、再販されると言われています。

リングが金やプラチナだった場合には、そのあたりの価値も、プラスα含まれて来ます。

しかし、ブランドジュエリーという場合、ちょっと違う感じで査定されることがあります。それは、中古市場のニーズが存在してるか否か、あらかじめresearchされていることです。

中古市場、アフターマーケットでのニーズが存在していれば、そのブランドジュエリーは高く買取してもらうことができるでしょう。

また、ブランドジュエリーという場合、保証書やケースなど付属品の有無、さらに、傷や汚れのありなしと言ったものによっても買取価格が変動してしまうことになります。

最近では、段々と中古ジュエリーに対して、リサイクルジュエリーといういい方がされるようになって来ました。同時に、どんどんリサイクルジュエリーに対しての関心度が高まっていくばかりです。

リサイクルジュエリーは既に、ヨーロッパでは広い需要が存在していたのですが、日本でも、しっかりイニシアチブを得ることができるようになりました。

アンティークジュエリーのニーズ

ブランドジュエリーとは全く別物がアンティークジュエリーです。アンティークジュエリーは、本場は、イギリスです。

王侯貴族のものだった時代に作られたアンティークジュエリーだったり、歴史的背景のあるもの、芸術的な価値の存在しているものに対して、アンティークジュエリーは、一流という受けとめ方がされています。

また、アンティークジュエリーは、技術的価値のあるものなどに対しての評価がされ、ダイヤモンドの価値の決め方、ブランドジュエリーのアフターマーケットの相場を意識した価格の決め方とは全く違った、オリジナルの価値がつけられています。

また、現代のダイヤモンドのカットはラウンド・ブリリアントカットがメインとなっていますが、アンティークジュエリーのダイヤモンドは、ローズカットのが多いという特徴があります。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %