Views: 77
0 0

ここでは、アンティークジュエリーの種類について勉強しましょう。アンティークジュエリーとは、あなたが想像してるい以上、奥深いジュエリーのことを言います。

あなたのアンティークジュエリーの知識は、まだ浅瀬にあることを痛感されることでしょう。

エスクラヴァージュ

エスクラヴァージュのアンティークジュエリーとはどのようなものなのかご存じでしょうか。

エスクラヴァージュのアンティークジュエリーとは、ルイ16世王とマリーアントワネット王妃時代のものです。

銀製の台座を彫金で丁寧に作りあげて、そこにダイエットを配置します。

後ろ面は18金製のネックレスとなっています。

サイズが違っている8つの装飾を、 ダイヤモンドセッティングのネックレスでつないでいます。

チェーンはダイヤモンドをセッティングした銀フレームを18金製の輪で、ひとつひとつ繋ぎます。

8つの装飾は、模様違いで作られている職人芸が発揮され、 前面は総ダイヤモンドセッティング、後面は全ての面に彫金文様です。

チェーンネックレスでつないだ首元からデコルテに添うアンティークジュエリーを、 「エスクラヴァージュ」といういい方をいます。

エスクラヴァージュのアンティークジュエリーといえば、とてもいいイメージがありますが、エスクラヴァージュという意味あいは、なんと奴隷の首輪という意味なのです。

さまざまな愛のシンボルが散らばっている

エスクラヴァージュのアンティークジュエリーには様々な動機付け、着想があります。

リボン、竪琴、ヴィオラ、葉模様、クピドの愛の矢、翼、ラッパ、楽譜、 帽子、バトン、愛の松明と炎、ハート……、まさに、様々な愛のシンボルがここにぎっしり濃縮しています。

果たして、これが、本当に奴隷たちの首輪なのでしょうか。

このアンティークジュエリーは、マリー・アントワネット王妃時代の繊細で精緻な宝飾技術が存在しているからなしえてワザということができます。

当時の王女クラスの貴婦人のためのジュエリーと思わせるミュージアムクラスのアンティークジュエリーであり、 現代社会においても、私達を麻酔のようにうっとりさせてしまう力を持っているアンティークジュエリーです。

【N°1155 18世紀 ダイヤモンドネックレス エスクラヴァージュ / アンティークジュエリー】

こんなアンティークジュエリーを購入することができるのなら……。やっぱり生涯ひとつはなんとしても欲しいと思うのではないでしょうか。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %