Views: 66
0 0

あなたもアンティークジュエリーに関心をもてば、一度、アンティークジュエリーについて学校で勉強してみませんか?おすすめは、
LaVagueです。

LaVagueでアンティークジュエリーについて学ぶ

LaVagueでは、自由なアンティークジュエリーの発送をもっていただきたいから、アンティークジュエリーコースを開催しています。

アンティークジュエリーコースは、 基本的にロストワックス製法という手法を使ってアンティーク風ジュエリー制作をしていきます。

アンティーク風ジュエリー制作、それって、やっぱりアンティークジュエリーについて深い知識を持っていないと、製作できることではないと思いますが。

「ロストワックス」が何かわからないという人たちも多くいらっしゃることでしょう。「ロストワックス」とは、ロウソクみたいなロウ材を使ってカタチを削り出したり、溶接をして原型を作ったりした後で、鋳造(キャスト)という石膏で型を作り、溶けた金属を原型のカタチの空洞に流し込んで金属へと変えてから、石留めや磨いて、制作していく手法のことです。

ロストワックス製法が評価できる点

ロストワックス製法を評価することができるのは、ロストワックス製法は、金属とは違って、柔らかくとても削りやすい特徴があるからです。

女性の人たちでも、指先でいろいろ複雑なカタチを創り出すことができます。

アンティークテイストの実感を、このような方法でおおいに感じることができるのではないでしょうか。

また、この方法なら大々的に機械を使わないので、学校でアンティークジュエリーについて学んだあとき、お家でもしっかりアンティークジュエリー制作と向き合うことができます。ですから、ずっと、アンティークジュエリーの魅力にとりつかれたままでいることができるでしょう。

更に、キャストの段階で金属の種類をselectすることができるから、 アンティークジュエリーに頻繁に使用されているK14(14金)や、Pt(プラチナ)とか言ったものの制作も、リーズナブル料金で実現しやすいメリットがあります。

基礎課題を中心に学ぶ

全く、アンティークジュエリー制作に関わったことがない……という人たちでも、安心してアンティークジュエリーと向き合うことができると思いますよ。まずは、 アンティークらしい色合いの天然石を組み合わせて作るネックレスやピアス(組み物)の課題からスタートしましょう。

生徒さんにロストワックスの方法に慣れていただくため、 基礎課題を中心にして、アンティーク調の要素が取り入れられるようなカリキュラムを実践しています。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %