Views: 65
0 0

あなたがあこがれているアンティークジュエリーは、アールデコジュエリーではないでしょうか。

アンティークジュエリーによって、時代の奥深さに酔いしれていただきたいと思います。まさに、それが出来るのが、アンティークジュエリーということができます。

アールヌーボーと、アールデコの違い

アンティークジュエリーによって、時間旅行をしましょう。みなさんも学校で、アールヌーボーとかアールデコとか勉強した経験をお持ちでしょう。そのとき、苦虫をつぶして授業と向き合っていたのかもしれませんが、 再び、あなたはあなたが自ら好んで、アンティークジュエリーに陶酔し、アールヌーボー、アールデコの世界の前に立ち止まることになります。

アールヌーボーとは、デザインは曲線的であり、花や植物などの有機物をモチーフとしたものに対して言います。

アールヌーボーによって、エレガントで装飾的イメージを創出しています。

アールヌーボーは、19世紀末から20世紀初めに流行したデザインとして知られています。

ヨーロッパ(ベルギーのブリュッセル、フランスのパリ)を中心として流行しました。

一方で、アールデコは、直線的で、幾何学模様という特徴があります。

機能的で合理的であるインプレッションを持って、 ヨーロッパやアメリカのニューヨークあたりで、 1910~1940年頃流行しました。

あなたは、どっち派?

現代社会に生きる人たちが、あなたの個性をしっかりアピールするため、 アールヌーボー、アールデコの装飾品を身につけるという選択肢もありではないでしょうか。

そのときあなたは、アールヌーボー派でしょうか……、アールデコ派でしょうか。

アールヌーボーは、 そもそも、ヨーロッパを中心にして拡散するイギリス発祥の新芸術運動のことを言います。

「Art (芸術)+Nouveau(新しい)」で、新しいアートのことです。

19世紀初頭の産業革命が起こって、リーズナブル料金のものが市場に頻繁に出回ることになりますが、その中には、数多くの大量生産によってもたらされる粗悪なモノも出回ることになります。

安価で粗悪なものに対して、うんざりしていた人たちからアールヌーボーの運動はスタートしたと言っていいでしょう。

安価、粗悪なものから反動によってアート性を、そしてオリジナル性が高いものを人たちは求めはじめたと言います。

そこにあるものは、従来の様式にとらわれない装飾性をほどこしたものであり、 鉄やガラスなど当時の新素材を利用した新しいジュエリーです。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %