Views: 78
0 0

女性の方々は、ジュエリーに対して関心を持っている方々も多くいらっしゃいますが。私達が身につけるジュエリーとは果たしてなんなのでしょうか。

そんなことをちょっと考えてみたことがあるでしょうか。

一方で、女性の方々は、アクセサリーにも深く関心をお持ちでしょう。ジュエリーと、アクセサリーって一体何が違うのでしょうか。ジュエリーとアクセサリーと同じ意味あいでとらえられていることもありますが、決して同じということではありません。

アクセサリーとは何か?

おおかたみなさんは、 ネックレスや髪飾り、ベルト……と言ったものに対して、素材に対しては制限を持たず、アクセサリーという言い方を気軽にしていることでしょう。アクセサリーという言い方なら、 それで問題はないと思います。

しかし……、ジュエリーは、どのような素材に対しても言ってno problemという言葉ではありません。

ジュエリーとは何か……

ジュエリーとは、 金銀、プラチナ、天然の宝石と言った、希少価値の存在している素材を使用したものに対して言います。ですから、ジュエリーはアクセサリーと言うこともあっていいと思いますが、ジュエリーはアクセサリーの中でも、希少価値の存在している、限定素材に対して言うことになります。

アクセサリーには、偽物のアクセサリーが存在しても、あなたの魅力を輝かせることがあるかもしれませんが、
ジュエリーには、偽物はやっぱり許されないと思います。ジュエリーは、本物の輝きを放っている必要があるからです。あなたを輝かせるのも、本物の輝きです。

鑑定と鑑別の違いは……

ジュエリーが本物か、鑑定をして確認することがあります。鑑定という言葉も一般的に使用されていますが、一方では、鑑別という言い方もあります。

ここは、しっかり鑑定と鑑別の区別もしっかりつけておきましょう。鑑別とは、ジュエリーを、科学的に分析・検査することであり、どのような種類の石なのか、また、人工的な処理が施されてするか……と言ったことを示す証明です。

では、鑑定がどのような意味なのかといえば、 鑑定とは、検査対象がダイヤモンドに限られることを意味しています。

鑑定という意味あいは、ダイヤモンドの4C、プロポーションや蛍光性をresearchした結果を示す証明ということになります。

ジュエリーに関心を持っている人たちは、ちょっとこのようなうんちくを持つことで、より深くジュエリーと関わりを持つことができるのではないでしょうか。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %