ジュエリー買取ショップは、現在、縮小傾向?

Views: 59
0 0

あなたがジュエリーを買取して欲しいと思えば、ジュエリー買取ショップでは積極的に買取してくれるのでしょうか。

ジュエリー買取ショップは、現在、縮小傾向とも言います。ジュエリー買取ショップの厳しい現状も、隠さず正しく解説します。

ジュエリー買取ショップの現状

ジュエリー買取ショップは、現在、縮小傾向にあると言います。

そもそも、ジュエリーという存在を考えると大方理解することができるのではないでしょうか……。例えばですが、お米は、私達の暮らしに必要不可欠な存在ということができます。お米なしでは、私達は死んでしまうでしょう。ですから、そのような市場は、安泰ということができます。

しかし、ジュエリーという存在は、別に私達の生活にとって必需品ではありません。ですから、世の中の景気が悪いと、どうしてもジュエリー買取ショップは、縮小傾向になってしまうでしょう。

ということは、私達の社会は、ここ何年も景気が悪い状態が続いてしまっているということになるのでしょうか。

最近では、新型コロナの問題も深刻ですが、そのような問題も、確実に、ジュエリー買取ショップに対して、大きな影響を与えてしまうことになるのではないでしょうか。

更に、 少子高齢化によって購入者の絶対数が減ってしまったことも、ジュエリー買取ショップにとってマイナス要因です。

ジュエリー業界のM&Aは……

ジュエリー業界のM&Aは現在、どのような感じなのでしょうか。

M&Aは「Mergers(合併) & Acquisitions(買収)」の略で、簡単に言えば、「合併&買収」という意味あいです。

ジュエリー買取ショップは、ジュエリーのニーズが減少してしまうこと、 また、中古のジュエリーを扱っているリサイクル・ショップがどんどん増加傾向にあることも含めて、競争が激化して、 廃業とか倒産に追い込まれるジュエリー買取ショップが増加している傾向が顕著にあります。

ジュエリー業界のM&Aでは、 売手が小さい会社のやりとりが目立ち、 それは年商なら4000万円くらいの規模の業者です。

では、どのような業者が、M&Aの買手側の買い手になるのかと言えば、同業者ということが多いようです。

ジュエリー買取ショップが縮小傾向にあるということは、新規参入業者というものはそれ程多い訳ではありません。 

他の業種の方々が、なかなかジュエリー買取の業種には入って来ることができない問題も抱えています。

ある時期、ジュエリー買取ショップが急激に増えたことがありますが、それも一時のブームであり随分過去の話しです。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %