ジョージアン期のアンティークジュエリー ジョージアン期とは……

Views: 62
0 0

アンティークジュエリーは100年以上経った宝飾品のことです。骨董的、美術的価値を持つアクセサリーのことを言います。

ジョージアン期(1714年 ~ 1837年頃)あたりのアンティークジュエリーは、なかなか見つけることが困難と言います。

こんな時代に、アンティークジュエリーを通して、あこがれを持ち夢を見ている人たちもいらっしゃることでしょう。

果たして、ジョージアン期とはどのような時代だったのでしょうか。

ジョージアン期とは……

ジョージアン期とは……、イギリスのジョージ1世から4世(1714年から1830年)の時代に流行した様式のことを言います。

「ネオクラシシズム」(=新古典主義)を基調する、厳格な直線構成&優美なデザインを特徴としています。

家具などに対しても、素材は、それ以前のオークとかウォールナットと言ったものから、マホガニーが使われるようになりました。

ジョージアン期のアンティークジュエリーはどのようなジュエリーか

ジョージアン期に出回っていたジュエリーには果たして、どのような特徴があるのでしょうか。

イギリスにおける産業革命……、それは、アンティークジュエリーに対しても大きな影響を与えることになります。

ジョージアン期という華やかな時代のまっただ中で、産業革命が起こることになります。

アンティークジュエリーと産業革命は決して無関係とは言うことができません。

イギリス経済を活性化&アンティークジュエリーの消費拡大

ジョージアン期の後期にさしかかると、イギリスでは、蒸気機関による作業の簡略式の流れが顕著になっていきます。

機械化に成功する時期に該当し、国内産業が一気に勢いを増す時期です。

そして、アンティークジュエリーを激しく買いあさる時期でもあります。

アンティークジュエリーといえば、かつて王侯貴族のためのジュエリーだったのですが、そのようなアンティークジュエリーが、大衆のものになる時期といういい方もすることができます。

限られた素材でどう美を演出するか

しかし、ジョージアン期おいて、産業革命がスタートして勢いづくものの、ジュエリーの素材に対して非常に満たされた環境とは言うことができません。

つまりジョージアン期において、アンティークジュエリーは、限られた素材でどう美を演出するかということをテーマにして職人たちが一生懸命頑張って努力していたのです。

現代社会のジュエリー以上の、職人気質もアンティークジュエリーに感じることができるのではないでしょうか。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %