Views: 145
0 0

ジョージアン期のアンティークジュエリーは、まだジュエリーが貴族またはそれに準ずる上流階級の美意識の高い人たちの物であり、アンティークジュエリーの中でも貴重な存在さてれいます。

そのジョージアン期のアンティークジュエリーと出会ったあなたは、かなりラッキーと言っていいでしょう。

ジョージアン期の貴重なアンティークジュエリー

ジョージアン期のアンティークジュエリーは、まだまだ数も少なく、市場に出回れば、相当価格が高くなってしまいます。

カメオとは、瑪瑙、大理石、貝殻などに浮き彫りを施した装飾品・工芸品のことです。 インタリオのアンティークジュエリーとは、沈み彫りの技法、またはその技法が施された美術・工芸作品です。そのようなアンティークジュエリーも、このような時代に登場することになります。

1800年から1840年頃にかけては、エトルスカンなどの古代の金細工を彷彿させる、繊細・精緻である金細工のアンティークジュエリーが作られています。

繊細な美しさを好む美意識の高い人たちが、この時代多くいたようですね。

しかし、このような繊細な金細工に対しては、ゴールドラッシュがスタートする1848年以降に姿を消してしまうことになります。

それは、金の価格が下落して、いくらでも金を使用したアンティークジュエリーを作ることができるようになったからです。

産業革命の成果でビジネスが成功した新しい富裕層(ナリキン主義者)が好んだジュエリーは、繊細な美しさではなく、もっと分かりやすい高価そうに見えるジュエリーだったことが理由とも言われています。

現代社会でも言えることですが、ナリキン主義者は、どうしても、金ぴかジュエリーを求めて、人たちに見せびらかしたいというモチベーションを持つようですね。

そのような見せびらかしたいアンティークジュエリーとは、やっぱり金ぴかでなければならなかったということではないでしょうか。

ジョージアン期のアンティークジュエリーは高い

ジョージアン期のアンティークジュエリーは、数が少ないから、高額なのです。

アンティークジュエリーの大衆化は、19世紀中期(ヴィクトリアン)以降とも言われていますが、その頃のアンティークジュエリーと比較して、数が少ないのも事実ですし、数が少ないと当然、価格は高騰化してしまうことになります。

ゴールドメッシュ ネックレス ハイキャラットゴールド、エメラルド シトリン(黄水晶)は、まるで布のように柔らかなメッシュ、そして、職人技とも思えない高度な彫金……。まさにこんな感じがジョージアン期のアンティークジュエリーです。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %