ダイヤモンドの価値は近い将来危機に瀕しているかも

Views: 72
0 0

ダイヤモンドが一番価値あるジュエリーという認識は、多くの人たちがお持ちではないでしょうか。しかし、ダイヤモンドの価値は、
近い将来危機に瀕しているかもしれません。

コストのかかる発掘やカッティングも、技術の進歩でリーズナブル料金を実現

そもそも、みなさんは、ダイヤモンドというジュエリーについて正しい認識をお持ちでしょうか……。

ダイヤモンドというジュエリーは、硬いゆえ、採掘や加工に手間も時間もかかってしまうため、簡単には作り出すことができないから価格が高騰化し、価値を生み出しているのです。

しかし、世界的にメジャーである研究チームの宝石の研究機関であるGIA(Gemological Institute of America)では、 1866年に南アフリカで巨大なダイヤモンド鉱床が見つかったことを機会として、 巨大なコストと比較的低い産出量によって、新しい産地において、より効率の高い採掘の技術の開発が余儀なくされるようになったという事情ゆえ、 加工技術のアップ、 効率やコスト削減の傾向が高まるようになったということを指摘しています。

ダイヤモンドの生産量について言えば1870年代あたりの頃は、100万カラットを大きく下回っていたのですが、 1990年代にもなれば、 年間1億カラット以上が生産されています。

果たして、ダイヤモンドって、そんなに供給が難しいものなのでしょうか。

カットや研磨など加工技術などの点でも、私達はダイヤモンドといいうジュエリーに対してもっと疑問を持っていいのかもしれません。

確かに、ダイヤモンドに希少価値が存在していた時代はあったのは事実です。しかし、現在はどうなのかという問題です。

現在、そのような事実は存在していないとすれば、ダイヤモンドの希少性とは神話に過ぎないのかもしれません。

希少価値を維持しているのは市場コントロールしている商人というのは本当?

ダイヤモンドというジュエリーは、原石の採掘から流通に至るまで、長いあいだ、南アフリカのデビアス社が独占で行ってきたという事実をご存じでしょうか。

このような独占商法によって、ダイヤモンドは、特別な存在であり、希少性があるジュエリーというというイメージがかたくなに作られて来たという言い方も、最近とても良く聞くようになって来ました。

今もそのような状況が続いていれば、ダイヤモンドに価値が存在していると言うことができるかもしれませんが。

しかし、近年ではデビアス社の手が及ばないロシアやオーストラリア、カナダ、中国などでも様々採掘が行われることによって、徐々にダイヤモンドの神話が壊れようとしていると言われています。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %