Views: 69
0 0

あなたが一番魅力的と思っているジュエリーは、ダイヤモンドではないでしょうか。キングオブジュエリー、それがダイヤモンドです。

みなさんには、ダイヤモンドの歴史から深く関わっていただきたいですね。

ダイヤモンドの歴史

ダイヤモンドは、 世界ではじめてインド人が発見したと言われています。その後長くダイヤモンドはインドの特産品であり、インドの人たちのためのジュエリーだったのです。

しかし、やがて、インド以外の人たちもダイヤモンドの美しさに注目することになります。

15世紀にインド航路が発見されたことによって、ダイヤモンドは、世界中の人たちに注目されるようになって来ました。

そして、ヨーロッパでさまざまなカット法が開発されることになります。

ダイヤモンドの歴史といえば、カットの歴史とも言えるかもしれません。

ダイヤモンドを美しくさせているのは、カットです。

ダイヤモンドカットの歴史

ダイヤモンドは、超硬素材であることは多くの人たちが知っているinformationですが、かつ、ダイヤモンドはもろいという性質を持っている、他のジュエリーと比較して、いろいろ問題を抱えているのです。

その問題を解決していかなければ、ダイヤモンドの歴史など作られることはないでしょう。

ダイヤモンドは、 正八面体の等軸状結晶です。この八面体面に対して平行には劈開という結合力の比較的弱い面を使って割ることができます。その方法をクリービングと言います。

またダイヤモンドは、 切断や研磨で、 切断可能方向を決して無視することができません。結晶の方向をグレインと言う言い方をします。

石の内部に最も柔らかい六面体面と、次に柔らかい十二体面があり、 ダイヤモンドパウダーを使って切断、それをソーイングと言います。

美しい輝きを放つダイヤモンドは、「ブリリアンス」、「ディスパージョン」、「シンチレーション」で構成されています。

ブリリアンスは全体の輝き、ディスパージョンは光の分散、シンチレーションは鏡面反射です。

ヨーロッパの方が、カット技術は高い?

ヨーロッパではフォルムの不揃いなインドで使用しない低レベルのダイヤモンド原石しか輸入することができなかったという歴史も存在しています。

ですから、ヨーロッパでは、上手く加工するという技術が必要不可欠だったのです。

産出国のインドでよりもヨーロッパでダイヤモンド加工の歴史がスタートすることになります。

1300年頃(14世紀)には、地上で一番固い鉱物であるダイヤモンドを割る方法が発見されることになります。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %