Views: 90
0 0

あなたは、ダイヤモンドジュエリーが、この世の中で一番美しいという認識をいまだしっかりお持ちでしょうか。

でも、長い歴史の中で、ダイヤモンドジュエリーが特別に存在でしなかったという時代もあります。

ということは、いま、大事にしているダイヤモンドも、価値が下がってしまう……ということも起きる可能性があるということではないでしょうか。

実際に、ダイヤモンドの価値が下がってしまう可能性も指摘されています。

人工ダイヤモンドの技術が進歩

人工ダイヤモンドの技術が進歩して、あなたは、そのようなダイヤモンドを気軽なモチベーションで購入することができたとしたら、果たしてそのような
ダイヤモンドを購入するでしょうか。

やっぱり、天然のダイヤモンドがいいという人たちもいらっしゃるでしょう。

しかし、人工ダイヤモンドも、天然ダイヤモンドと同じようにキラキラ輝いているのです。

美の観点からすれば、人工ダイヤモンドも一緒という見方もすることができるのではないでしょうか。

なんで、あなたがそこまで天然のダイヤモンドに対して拘りを持つのかといえば、ただ希少性を求めているだけなのかもしれません。

希少性は果たして美なのでしょうか。

美かもしれませんし、そうでないかもしれません。

もっと、素直に、美しさに対して感想を述べていいのではないでしょうか……。

だとしたら、手軽に人工ダイヤモンドと向き合い、そのキラキラを評価するのも方法ではないでしょうか。

人工ダイヤモンドはNGというかもしれませんが、人工ダイヤモンドに対して、ブランド価値というものがプラスαついたとき、あなたはすぐに、今までの自分自身の観念を裏切り、ジュエリーブランドがいいというかもしれないですよね。

でも、ジュエリーブランドであっても、人工ダイヤモンドであることには変わりはない訳ですが。

人工ダイヤモンドを積極的に製造している

実際には、WD Lab Grown Diamondsというメーカーが、人工ダイヤモンドを積極的に現在製造している事実があります。

人工ダイヤモンドは、化学気相成長法というノウハウによって、物理的に、光学的に、化学的に作られて、本当に天然のダイヤモンドと見分けがつかない程なのです。

自然の中で数百年もの歳月をかけて生成されるか……、または、ラボの機械を使い数週間で成長させるかの違い程度と言います。

ほとんど天然のダイヤモンドと変わらないダイヤモンド、 WD Lab Grown Diamondsで作られるダイヤモンドを評価していいと思いますが。

でもそれって、ダイヤモンドのコピーなのではないでしょうか。

コピーをあなたは許すことができるでしょうか。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %