Views: 36
0 0

トパーズというアンティークジュエリーはどのような宝石でしょうか。

トパーズというアンティークジュエリー

トパーズというアンティークジュエリーとは、 サンスクリット語で火という意味のtopazの意味あいがあると言われています。

また、 ギリシャ語で探し求めるという意味のtopazosが由来とも言われています。

みなさんはトパーズというアンティークジュエリーに、どのような魅力を感じていらっしゃるのでしょうか。

トパーズというアンティークジュエリーは、カラーバリエーションが豊富だから、特に好きという人たちも多くいます。青や緑色というアンティークジュエリーはもちろんですが、トパーズには、黄金色やピンク色のものもあります。

魅力的アンティークジュエリーは、やっぱりなかなか安価な価格では購入することができないと思いますよ。

トパーズは、 ブラジル、アメリカ合衆国、メキシコ、ロシア……と言った国々で産出されています。

そして、日本でも岐阜県恵那郡、苗木地方などや、滋賀県大津市や田上山、山梨県甲府市黒平といった場所でトパーズは産出されています。

トパーズのいろいろなアンティークジュエリー

トパーズは古代の人々にも崇められていた存在であり、 西洋では古くから「美と健康の宝石」と信じられてきた歴史があります。

アンティークジュエリーとしては、 かつて、黄色系の宝石全般のことを言っていた流れがあったようですね。

16世紀、トパーズのアンティークジュエリーがいいというものの、そのアンティークジュエリーは、 「イエローサファイヤ」だったということがあります。

トパーズというアンティークジュエリーは、昔の時代、身を守る護符としての利用価値が存在していたようですね。サンスクリット語で火という意味のtopazの意味あいからも、 太陽の加護を受けた、気高さをシンボルとするアンティークジュエリーとして、また深淵へと向かう恐怖心を吹き飛ばし、悪を退ける力を持つとされています。

あなたがトパーズというアンティークジュエリーを身につけることで、周囲に惑わされる事はなく、常に冷静に毅然としていられるパワーを身に着けることができるでしょう。

おおかた、トパーズのアンティークジュエリーで多くの人たちが関心を持っているのは、「インペリアルトパーズ」です。それはまさに、帝国のトパーズです。

西欧では、「ゴールデンシェリーのカラー、あるいはマルメロゼリー(花梨ゼリー)の色合いに黄色、ピンク色が透けたようなカラー」と表現されているようです。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %