Views: 121
0 0

ベルエポック時代のアンティークジュエリーをこよなく愛しているという人たちもいらっしゃることでしょう。アンティークジュエリーは、まさに、時代を感じさせるジュエリーです。

今回、ベルエポックがどのような時代なのは解説します。

ベルエポックの時代とは……

こよなく美しいアンティークジュエリーが作られた、ベルエポックとはどのような時代のことを言うのでしょうか。

ベルエポックとは、フランスで言う、良き時代のことです。

ベルエポック時代は、厳密に言えば、1910から1914年の5年間のことを言います。もっと広い意味では、 19世紀末から第一次世界大戦勃発までの、パリの人たちが、最も華やかな時代ということができます。

まさに、ベルエポックのアンティークジュエリーを身につければ、その頃のニオイが蘇ってくるのではないでしょうか。

映画にも頻繁に登場する美しい時代なので、まさにその時代にあこがれを抱く人たちも多くいます。商業は隆盛して社交界は夜ごとにぎわって、まさに、ベルエポックの時代は、そのまま美しい時代なのです。

ベルエポックの時代は、奇跡の時代とも言われています。それは、フランスは、仏戦争から10年ちょっとしか経過していなので、本当ならまだまだ傷跡を残している時代と言っていいかもしれません。しかし、フランスのベルエポックの時代は、既に、そのようなことは全部忘れることができる程、元気で明るい街、ふるまいを取り戻していたのです。

アンティークジュエリーはブルジョワ層に支持

アンティークジュエリーを身につける人たちは、貴族層の人たちはもちろんのことですが、ここあたりでは、産業によって富を得たブルジョワ層が入り交じりにぎわいを見せることになります。

ベルエポックの時代のアンティークジュエリーとは、まさに、パリを中心に洗練された都市文化を謳歌していたブルジョワジーたちの好みが反映されたと言っていいでしょう。

伝統固守&革新志向が混沌とが共存

そして、ベルエポックの時代は、伝統固守&革新志向が混沌と共存している時代と言うことができます。

若く革新的なアーティストたちは、みんなのための芸術という、新しいアールヌーボーの芸術運動を起こしたのに対して、 当時のパリの貴族やブルジョワ層は……といえば、そのようなアールヌーボーの運動とは関係がなく、 18世紀末存在するマリーアントワネットなどの貴族スタイルに憧れを抱いていた時代なのです。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %