ポンパドゥール夫人、マリー・アントワネットの時代のアンティークジュエリー

Views: 81
0 0

ロココ調のアンティークジュエリーは夢を見ることができる華やかなジュエリーです。

それは、ルイ15世の愛妾であるポンパドゥール夫人(1721年 – 1764年)の時代のアンティークジュエリーです。

ルイ15世の愛妾であるポンパドゥール夫人(1721年 – 1764年)の時代

ポンパドゥール夫人の時代、インテリジェンスな女性たちがサロンを開き、思想家たちが、芸術家たちと交流を積極的に行う時代となりました。

そのサロンには、優美で繊細なロココ様式の家具や装飾が……。

ポンパドゥール夫人もサロンを頻繁に開いていたようです。

多くの芸術家のパトロンとなり、彼女によって、サロンの文化が開花し、彼女がGoodと思った様式を、世界中の人たちが、評価をします。

マリー・アントワネット

ロココ調といえば、マリー・アントワネットの存在も抜きにして語ることができないでしょう。

ルイ16世の時代には、既にロココ調から、新古典主義へとシフトした時代ということができますが、ルイ王朝の終焉まで、ロココ調は続いていたといういい方はすることができます。

まさに、ロココ調のアンティークジュエリーは、マリー・アントワネットのイメージと重なるという人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

マリー・アントワネットとは、 繊細で優美のシンボル像だったのかもしれません。

やがて衰退がやって来るのですが、その前には、その気配を感じさせない、快楽的スピリットがあります。

ロココ調のアンティークジュエリー

では、ロココ調のアンティークジュエリーは、どのようなジュエリーだったのでしょうか。

ヴェルサイユ宮殿に倣った贅沢な装飾が世界的に拡散していた18世紀には、ダイヤモンドジュエリーがトレンドという傾向があります。

ブリリアントカットのダイヤモンドも登場することになりますが、この時代のメインは、ローズカットのダイヤモンドです。

また、ロココ調のアンティークジュエリーには、「花」や「花束」をモチーフにした大振りのブローチだったり、 「リボン」モチーフのボウブローチ、大振りのイヤリングというものが多くありました。

ブローチは、上半身を覆ってしまうほどの大振りなものが好まれていた傾向もあったようですよ……。

花をモチーフにしたダイヤモンドジュエリーと言ったものに特に、魅力を感じている人たちも多くいらっしゃることでしょう。

気分が優れないとき、 花のジュエリーを身につけて、優美なロココ気分を味わってみれば、そのストレスもすぐに解消されることでしょう。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %