Views: 76
0 0

アンティークジュエリーといえば、メディチ家のことをイメージする人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。

「メディチ家の至宝 ルネサンスのジュエリーと名画」というイベントも最近開催されていました。

果たして、メディチ家の時代はどのような時代だったのでしょう。

アンティークジュエリーに深く関わることとは、歴史により近付き、聞き耳をたてることです。

メディチ家という時代

メディチ家の時代、それは、ルネサンスの時代とも言うことができます。

フィレンツェでは、ルネサンスに開花し、メディチ家の紋章があふれています。

メディチ家は、ルネサンス芸術を支えた最大のパトロンといういい方が正しいのではないでしょうか。

メディチ家は、「銀行家」、「実業家」、「政治家」としての様々な顔を持ち、フレンツェをしっかり支配下に置き、かつ、メディチ家に存在している豊富な財力が存在し、多くの芸術を支援して来た歴史があります。

メディチ家は、ルネサンスと決して切り離すことができない存在です。そのメディチ家の時代は、13世紀に来ます。

メディチ家の時代のスタートラインは、医師or医薬業、または金融業ではないか……と言われていますが、正しい文献は現在残されていないようです。

そして、ルネサンスは開花して、18世紀までその歴史が続くことになります。

ルネサンスとは

メディチ家の時代に関心を持ったあなたは、ルネサンスの時代のアンティークジュエリーに対して関心を持つことになるでしょう。

ルネサンスの時代とは、14世紀のイタリア・フィレンツェに興った美術運動が起きた時代です。それ以前、神様と人たちは向き合っていた時代と言うことができますが、ここでいったん「人間至上主義」に回帰、人間の価値観を取り戻した時代と言うことができます。

メディチ家の時代は終わってしまったの?

アンティークジュエリーは、そこに華やかさだけでなく、衰退の影も見ることができるから美しいという人たちがいます。退廃主義の中、アンティークジュエリーがもてはやされる時代もあり、あながち間違いではありません。

美は、退廃するからこの上なく美しいといういい方もすることができます。

では、メディチ家の時代のアンティークジュエリーも、メディチ家の衰退があり、より輝きを増しているのかもしれません。

メディチ家の時代は衰退していく訳ですが、メディチ家は、その後どうなったのでしょうか。

子孫はどうしているのでしょうか。

血筋に関しては、18世紀のアンナ・マリア・ルイーザを最後に途絶えていると言います。

そして……、メディチ家は、現在、ここには存在していません。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %