Views: 33
0 0

19世紀ヴィクトリア時代のヨーロッパで大流行したアンティークジュエリーといえば、ヴィクトリアンジェットのことかも。

ヴィクトリアンジェットにこよなく夢を見ている人たちも多くいらっしゃることでしょう。

ヴィクトリアンジェットとは……

ヴィクトリアンジェットとはどのようなアンティークジュエリーなのでしょうか。

ジェットは、1億8000万年もの遙か昔、恐竜たちが地球の支配者だったジュラ紀の古代植物が流木となって水底に堆積、長い時間をかけて化石と化した、有機物を起源としたジュエリーのことです。

まさに、起源の違いが他のブラックとは違うブラックを生み出し、しっとりした質感と深みのあるツヤを特長としています。

「黒い琥珀」と呼ばれたジェット

ジェットの原石は、はるか1億8,000万年前にさかのぼるジュラ紀の流木の化石です。また、ヴィクトリアンジェットは「黒い琥珀」と呼ばれています。

しっかりヴィクトリアンジェットが何かcheckされるまでは、ヴィクトリアンジェットは、琥珀のように“樹脂の固まったアンティークジュエリーと思われていました。

琥珀も、ジェットも、とても軽い性質を持ち、木や絹の上でこすると静電気を帯びるという性質も持っています。

昔の人たちは揃って、ジェットのことを「黒い琥珀」といういい方をしていました。

「ハードジェット」と「ソフトジェット」

ヴィクトリアンジェットには、「ハードジェット」と「ソフトジェット」の2種類があります。

「ハードジェット」と「ソフトジェット」の違いは、ハードジェットは粘りと弾力性をもち、精巧な加工に適していますが、ソフトジェットにはもろさがあります。加工や熱に対して弱い性質がこちらにはあります。

ソフトジェットの方は、残念ながら長い期間に耐えることができないので、現存しているジェットは、ハードジェットのものばかりと言っていいでしょう。

ヴィクトリアンジェットと言われる理由

なぜ、ジェットというアンティークジュエリーが、ヴィクトリアンジェットと言われているのでしょうか。

15世紀頃からジェットというアンティークジュエリーが登場し、モーニングジュエリー(服喪用装身具)としての用途を持つようになって来ました。

19世紀後半、ヴィクトリア女王が最愛の夫、アルバート公を失うことになります。

ヴィクトリア女王が、喪に服しているとき、ジェットの装身具を身につけていたと言われています。そして、やがてジェットは、ヨーロッパで大流行することになります。

このような経緯から、ヴィクトリアンジェットという呼ばれ方をするようになりました。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %