Views: 98
0 0

日本人の人たちがジュエリーを愛し、誕生石を信用しているのと同じく、海外でも、誕生石に注目している人たちは多くいます。

海外の誕生石もそれぞれの国の習わしや気候にちなんで、制定されています。

海外の誕生石

日本の誕生石の場合、
なじみの深いサンゴ、ヒスイが追加されると言った、日本にとっての馴染みが深い誕生石のselectとなっています。

海外にもそれぞれ誕生石に対しての事情は存在します。例えばイギリスでは、水晶の愛好家が多くいるということで、 4月にロッククリスタル、5月にクリソプレーズというジュエリーが、プラスα誕生石として加わることになります。

フランスでは、 3月にルビー、9月にペリドット、10月に真珠とアクアマリン、色まで変えて、それぞれの国の都合でいいように誕生石は、ねじ曲げられているのです。別にそれでいいという人たちもいらっしゃることでしょうけど。

それぞれのジュエリーショップで、それぞれ誕生石を勝手に決めてしまうということではなく、国によって選定されているというモチベーションは、まだマシと言っていいのではないでしょうか。

どれが正解なのか?

あなたは、誕生石に対してどれが正解なの……?という疑問もお持ちでしょう。しかしそれに対しての回答を言えば、どれも正解なのです。

それぞれの国々では、文化が違う訳ですから、誕生石が同じというのも、なかなか実現することができないと思っていいでしょう。

そんなに簡単には、それぞれの文化事情を一貫してクリアすることは出来ないでしょう。

また、ジュエリー好きの方々は、誕生石だけでなく、 「誕生日石」、占星術に基づいた「星座石」というものにも関心を持っていることでしょう。果たして、こちらは信用できるものでしょうか。

「誕生日石」、「星座石」の歴史を追求すれば、こちらもちょっと胡散臭い……ということはあるかもしれません。

信じるものだけ信じればいい

誕生石とは……?

誕生石というものには嘘があるかもしれません。そう思っているのなら、それも事実でしょう。だったら、別に、誕生石のことなど関わらなければいいだけの話しです。

宝石屋たちが宝石を売りたいがために作ったもんです……、それは、バレンタインのチョコと一緒と言われても否定は出来ません。

しかし!それでもバレンタインディを信用している人たちは多くいらっしゃる訳ですし。

つまり、誕生石は、信じる人たちが信じればそれでいいものではないでしょうか。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %