Views: 74
0 0

あなたは、誕生石にとても関心をお持ちではないでしょうか。

しかし、誕生石って、かなり昔は宝石商が決定するものであり、宝石商によっても、国にによっても、バラバラとういうありさまだったのです。

誕生石とは果たしてなんなのでしょうか。

私達は、更に、誕生石の歴史までひもといていかなければならないのではないでしょうか。

誕生石とは……

誕生石を、とても信用しているという人たちもいます。

しかし、誕生石が、宝石商、国々によってバラバラだということを知れば、なんだか信頼性が欠けるという気持ちにもなってしまうのではないでしょうか。

誕生石って、私達にとってもっと信頼できるものであって欲しいものです。

かつて、誕生石は、宝石商、国々によってバラバラだったのは事実です。

誕生石の選定を公式に行った

しかし、 1912年のことですが、アメリカの宝石商組合(現在のジュエラー・オブ・アメリカ)がはじめて、 誕生石の選定を公式に行ったということです。

1912年は、誕生石の記念日と言ってもいいのではないでしょうか。

誕生石というものは、そもそも由来は、聖書によると言われています。

しかし、この段階では、そのようなものは実際に存在したのかもしれませんが、それとは無関係なスタンスで、ダイヤモンドをより以上普及させたいから……、できるだけジュエリーを売りたいから……というモチベーションから誕生石がselectされたとも言われています。

なんだか……という気持ちにもどうしてもなってしまうのかもしれないですよね。

しかし、現実とはそういうものなのです。

あなたのジュエリーの観念は信用できる?

あなたも、そのジュエリーは、あなたが本心で欲しいと思っている訳ではなく、人気があるから、高額だから美しいという思い方をしているのではないでしょうか。

そもそも、あなたの抱えている美という観念もストレートに信用できないものかもしれません。

ここあたりでは、ティファニーが人気のない半貴石の普及を狙って誕生石を決めたとい説も流れています。

ティファニーというブランドにもみなさんは、それぞれブランド夢をお持ちでしょうけど、所詮高い高級ジュエリーを売りたいというあくどい商売人に過ぎないのかもしれません。

誕生石の歴史は更に進み、 アメリカでも何度か見直されることになります。

そして、誕生石に対して、それを基準にし、イギリスの貴金属協会が誕生石を選定することになります。

日本の誕生石に対しては、 1958年に選定されることになります。

やっぱりそこでも日本になじみの深いサンゴとかヒスイが追加される操作されることになりますが。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %