Views: 86
0 0

あなたは、ジュエリーとして、宝石をお持ちでしょうか、貴金属をお持ちでしょう。

ジュエリーとして、宝石も貴金属も同じものという見方でいいのかもしれませんが、やっぱり、宝石と貴金属は違うものです。ではどう違うのでしょうか。

貴金属と宝石の違い

宝石は、産出量が少ないという希少性とその美しさから、装飾用として重宝される鉱物のことです。

ただ、鉱物というだけではイコール宝石ではありません。やっぱり、希少価値が存在して、ジュエリー買取ショップで高く買取してもらうことができる鉱物が宝石なのです。

でないと、あなたは、適当に鉱物を見つけて、ジュエリー買取ショップで買取してもらって一夜で大金持ちになってしまうことになります。

ですから、宝石は、そのへんに転がっているものではなく、ダイヤモンド・ルビー・サファイヤ・エメラルドというものになります。

ダイヤモンド・ルビー・サファイヤ・エメラルドは、そりのへんに転がっているでしょうか……。もしもてそのようなものが転がっていたら、価値は二束三文になってしまうでしょう。

貴金属とは……

では、貴金属に対して、どのような定義をしたらいいのでしょうか……。もちろん、貴金属もジュエリー買取ショップで高く買取してもらうことができるアイテムです。

貴金属とは……、 空気中で熱しても酸化しにくく科学変化を受けない金属のことです。

金属と、鉱物の違いが明確にわからない……という人たちも当然いらっしゃることでしょう。

鉱物とは……、おおかた、岩石を構成している物質です。地球上の多くの鉱物はケイ酸塩の化合物で、鉄、銅と言ったイオンがくっつきいろいろな鉱物になりますが、金属の多くはこのような化合物・鉱物の中から取り出されています。

そのような意味では、鉱物と金属は友だちは友だちです。

金とか、水銀などは自然状態でも産出しますが、採掘された時には鉱物の一種という考えでいいでしょう。

貴金属は、金・銀・白金(プラチナ)などのことを言います。

また、貴金属とは一般的に8種類のことを言い、金(Au)・銀(Ag)、プラチナ(Pt)・ パラジウム(Pd)・ロジウム(Rh)・ルテニウム(Ru)・オスミウム(Os)・イリジウム (Ir)です。

オスミウムは、それ程これと言った用途はありませんが、パラジウム・イリジウム・ルテニウムは割り金としてプラチナに混ぜられることがあります。また、ロジウムはメッキとして使用します。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %